ツーウェイオール

ベビーツーウェイオールはベビードレスとカバーオールの2つのウエアの良さが一つになった新生児服です。通常はカバーオールのような見た目ですが足を通す部分にあるスナップやボタンを外せばベビードレスとなるツーウェイオールです

そのため新生児のうちはベビードレスとして使用して大きくなって足をバタバタ動かすようになってきたらカバーオールとして長く使用ができます。長く使用でき経済的でもあるため洗い替え用に5,6枚用意しておくのがオススメです。

ツーウェイオールを購入する際には着替えやすそうなものを選ぶのがポイントです。生まれたての赤ちゃんはたくさん汗をかいてしまいがちだったり、ミルクをこぼしたり、うんちが漏れてしまったりなど急に着替えることが多いです。そのためすぐにパッと着替えられるもの、そして繰り返し選択してもヨレヨレにならないものを購入しましょう。

デザインは汚れが目立たないものにするとお出かけ着にも良いでしょう。柄物は汚れが目立ちにくいためオススメです。シンプルなデザインも場所を問わずに使用ができます。また優しい素材を使用するようにしましょう。赤ちゃんの肌はデリケートです。夏場は通気性の良いガーゼ、冬場はフライスやオーガニックコットンが使用されたものを選ぶと良いです。

新生児服の種類

新生児服は種類によって着させられる時期が変わります。ツーウェイオール・ベビードレス・カバーオールと大きく分けられる新生児服を上手に赤ちゃんに着させましょう。

ベビードレスは股下部分があいていて新生児期には男女両方に使用ができる新生児服です。ワンピースのような形をしており、オムツ替えもカンタンに交換できるのがポイントです。ベビードレスは新生児から生後1か月から2か月ころに着せます。退院時やお宮参りなどに着させるため出産祝いなど良いでしょう。この新生児の時期以降は足を動かすようになりはだけやすくなるため向いていないのが注意点です。

ベビー服カバーオールはつなぎのような服で、トップスとボトムがくっついた服です。カバーオールはグレコ・ロンパースなどとも呼ばれており、ショート丈、ロング丈のものがあります。中には足先にまですっぽり包まれているようなものもあります。カバーオールはロング丈のモノが中心になります。

トップスとボトムがくっついているためはだけてしまうことや、おなかが出て冷えてしまうということもないのがポイントです。股下部分がスナップやボタン留めになっているものが多いためもちろんオムツ替えもカンタンにできるようになっています。ベビードレスと比較しても長く使用できるのも魅力的です。

新生児服を購入しよう

赤ちゃん赤ちゃんの服には、短肌着・長肌着・コンビ肌着・ボディタイプ肌着といった肌着の種類の他にも肌着の上に着るウエアにも種類があることをご存知でしょうか。ウエアの種類には大きく、ツーウェイオール・ベビードレス・ロンパースがあり、中でもツーウェイオールは新生児・赤ちゃんにオススメのウエアです。

メーカーによってツーウェイオールは「2ウェイ」「ドレス&カバーオール」などと呼ばれることもあります。赤ちゃんの体調管理には十分気を付けなければならなく、新生児服の選び方によっても変わってくるでしょう。春や秋では日中と夜の気温の変化が激しいですし、夏場は屋内と屋外で気温が全然違うため新生児服もただ着させるだけでなく体温調整に気を付けなければなりません。

基本的な新生児服の着せ方は肌着一枚・ウエア一枚とされています。室内では暖房が効いているため大人と同じように着せるのが良いのですが、冬はさらにウエアの中に肌着を1枚プラスして3枚にすることをオススメします。新生児のウエアは赤ちゃん用品が売っている専門店をはじめ、最近では新生児ベビー服の通販がありますのでそちらでも購入ができます。通販だけではサイズや着せ方など分からないのでは?と思う方もいると思いますが、そういった人の為に分かりやすく着せ方や準備枚数など親切に説明してくれています。

そして、ツーウェイオールは出産準備として、また出産祝いとして新生児服を用意・プレゼントしようという全ての方にオススメします。こちらではツーウェイオールの特徴とともにベビー服の種類、そして選び方のポイントについても紹介します。