新生児服の種類

新生児服は種類によって着させられる時期が変わります。ツーウェイオール・ベビードレス・カバーオールと大きく分けられる新生児服を上手に赤ちゃんに着させましょう。

ベビードレスは股下部分があいていて新生児期には男女両方に使用ができる新生児服です。ワンピースのような形をしており、オムツ替えもカンタンに交換できるのがポイントです。ベビードレスは新生児から生後1か月から2か月ころに着せます。退院時やお宮参りなどに着させるため出産祝いなど良いでしょう。この新生児の時期以降は足を動かすようになりはだけやすくなるため向いていないのが注意点です。

ベビー服カバーオールはつなぎのような服で、トップスとボトムがくっついた服です。カバーオールはグレコ・ロンパースなどとも呼ばれており、ショート丈、ロング丈のものがあります。中には足先にまですっぽり包まれているようなものもあります。カバーオールはロング丈のモノが中心になります。

トップスとボトムがくっついているためはだけてしまうことや、おなかが出て冷えてしまうということもないのがポイントです。股下部分がスナップやボタン留めになっているものが多いためもちろんオムツ替えもカンタンにできるようになっています。ベビードレスと比較しても長く使用できるのも魅力的です。